ようこそ…HEADLINE

 CAD生活 向上委員会

 お金は、余っても困らない…
コツコツ内職資料室 (別窓
準備しました。
   DWG互換 Bricscad V13 資料へ
 CADPAC標準化計画 推進中    

ここでは、CAD生活について…3D-CAD ?…


  CADは、2D から 3D時代へ …
私は、CADPAC を愛好してきました。3D時代となりFUSIONも、3D対応。しかし、進化は、ノンヒストリーからヒストリーへ、そしてパラソリッド の時代へ…

  CAD生活向上 目次は、下記です。
CADとは… 道具と知識 3D-CAD データ管理 設定 レベル UP…
  3Dが全て? では無い。結局2Dの図面は無くならないと思っています…

  何でも、3Dは間違い。 2Dは古い・3Dは、新しいではない…です。
3Dの時代、?

  設計支援ツールの選び方 →
  10年の月日が流れる間、多くの3Dに携わってきました。Pro/e ・I-DEAS・CATIA・FUSION・KEYCREATOR…そして、Solidworks。CADには、さまざまな機能と同時に特異性みたいなものがあります。 2D → 3D に変換する。 そういう意味では、CADPAC FUSIONは実に優れていました。 2Dの資産がそのまま流用出来る訳ですから、時間短縮にはもってこい。 しかも、履歴が残っていて参照の関連は付きません。 但し、3D曲線・サーフェイスモデリングは弱いという欠点があります。 3D設計でねばならない理由はその造形形状にあります。構造物をモデリングしても時間がかかるだけであまり意味がないと思ったていすま。
 樹脂設計や金型の設計においては、・温度解析・静解析・強度解析・と利用の価値は、大きいと思います。 断面が分らないので…、穴位置関係が分りやすい・干渉が観られるから、3Dでは意味が無いと言う意味です。
しかし、時代の流れは、3D と言えます。 部品表(BOM=bill of materials ) 連動機能・図面とモデルの連動・標準パーツ機能・メーカー提供データなど環境が著しく変化しています。 フリービュワーで誰でも分る。重量計算・解析・重心とビジュアルに要素データを把握しながら設計できる利点は、大きいと思います。車メーカーでは、開発コストの低減・時間の短縮とメリットは数知れません。ちなみに、CADは、航空機の開発に利用されたのが始まりだと記憶しています。 →wikiで調べてみる


特色と機能

Pro/e ~2000年 PTCが開発(Pro/ENGINEER) → Pro/ENGINEER Wildfire5.0 → 現在は、統合された CreoParametric と変化している。メカ系に強く、原点を自由に操り面を作成・3Dラインを構成する曲面モデリングは、当時の携帯の形状を大きく変化させた。モジュールを組み込んで利用する。2007年12月 CoCreateは、PTCに統合されました。OneSpace Designer Modeling ・ME10で有名なCADメーカー。三菱電機(鎌倉)・Panasonic・など家電メーカーで利用されている。

I-DEAS ~I-DEAS NX →UGS-NX と変化して現在に至る。GM・NISSAN・マツダ・
・ベンツ・等自動車メーカーが名を連ねる。チーム設計として古くから利用されている。ファイルのチェックイン・チェックアウトは、権限が設けられていて膨大なチーム設計を可能にしている。補助線方式のスケッチは、ME10からのもので感覚が分りやすい。2D図面の連携も強力です。 

CATIA ~1998年CATIA v4(UNIX)→ V5 Winを利用しました。V4からの変化は、別物CADです。 こちらは、主にメーカーから頂いたデータの修正・変換・納品に利用しました。デザイナーも利用できる直感的なCADで、NUPBS(NonUniform Polynomial B-Spline: 非一様多項式Bスプライン)による曲線定義を採用することにより、有理化による算術計算の重さを排しているが、他のCADでは、これがネックとなりエラー修正に困った経験がある。サーフェースモデリングが強力で、スケッチは MCADそのものです。1999年Solidworksを買収した経緯で生まれたV5は、V6まで進化している。組み込みモジュールは、実に複雑。こちらもトヨタをはじめ自動車メーカーなど大規模設計に向いている。(ダッソー・システムズ)

Solidworks ~ こちらは、Parasolid(パラソリッド)を利用しながら中価格帯 ミッドレンジのCADの代表格です。ダッソー・システムズ買収(1997年)後も統合整理は行われず、独立して発展。マルチボディ(1パーツ内で複数のソリッド可能)、スケッチでは、中間フォーマット DXF・DWGデータの流用も可能です。システム構成の最高峰 SolidWorks Premium では、解析機能他 電気配線や配管設計のハーネス設計なども含まれている。膨大な車のようなチーム設計には、ハード依存体制で可能という。一般に、メカ系設計をはじめ、電気・溶接・金型・と幅広く利用されている。 スケッチは、大まかに形状を描いて拘束して行く独自の方式で、原点への拘束・製図においては、各面のデータム線に寸法を拘束する手法が用いられている。 XEROXでは、i-deasから移行を始め NSWorks を用いてリビジョン管理、排他制御を行い、チーム設計を構築している。

上位互換の原則 (中間フォーマットを含む)

 CADには、それぞれ Ver が存在する。 データの受け渡しには、このVerが重要となります。 基本的には、上位からはは読めても、書き出しが出来ないという原理となっているのが原則です。 下位から上位は、読み書き出来ないのです。そこで中間フォーマットを利用します。このときも相手のCADのVer に合わせた吐き出しが必要となります。
・ACAD フォーマット    Bricscad吐き出し形式一覧(出力)
 DXFとDWGの読み込みが出来るCADをお互いに利用している場合は、DWGをお薦めしています。 寸法関係の互換性が高まる場合が多いです。 一般的な互換での注意事項として、グループ(ブロック)・シンボル・データム・溶接機号・バルーン・その他特殊機能…の場合、ACADで編集出来なかったりします。さらに、文字位置基準(田んぼのクロスポイント9カ所)・があります。この部分は、シフト機能を利用することで回避出来ますが、均等処理の場合は、完全互換とはなりません。一般に文字高さと幅の計数を 1.0 とするのが基本となります。CADPACは、文字関係の細かな設定をして互換性を高める手法がとれます。


操作と用語

 CADの特性として、多く存在する用語も難解ですが、画面操作は、まちまちです。特に多く利用する画面の回転は、 F1だったり shift だったり ctrl だったりと大変です。たくさんのCADに追従して行くには、コの字型の配置をして自分の向きを切り替えるという方法を取っていました。画面の配色・キーの配色が異なっていると自然に頭が切り替わります。機能的には、同じでも名前が異なる用語も多いです。…
3D-CAD用語集も欲しいところですね。
 
CADは、優秀でも…

 CADはツールであり、図面は、言葉です。私は、いつもそう思っています。方言は、全国的には、通じないのと同じように、共通語が一般的です。より美しい日本人としては、美しい言葉を多く使いたいと思います。 製図の基準も各社独自の様式・規格が存在します。 がんじがらめな精度を入れた図面は、高いものを作ることになります。基本的には、二重寸法禁止ですが、私は、現場で電卓を使わない方がいいと思っています。建築設計コストは、総額で決められて保護されていますが、機械の現場ではそうではありません。CAM にしてもデータは必要です。考える時間はCADを使っても短縮出来ません。ましてや、3D-CADの場合、余分にものを回している時間は、お金になりませんよね…

 次は、データ管理 → 只今、編集中です!    …お帰りは、こちらから

まずは、最初の一歩… → 。 HP制作の手順は、読みました?
基礎講座 マナー メール 教養 デジタル 芸術  生活  リンク


バナースペース

■ 生活向上委員会
女性専用
つぶやき中
facebook
すてきな写真コレクト中
Blog ゼロから始めるBricscad

'e_e' 生活向上委員会

本サイトは、リンクフリーといたします。 管理人zajiが、編集責任を負います。 訂正要望は、連絡から、お願いします。

すてきな画像集めてます…

【ハイエンド】
CATIA・UG・I-DEAS・Pro/e・
【ミッドルレンジ】
Solidworks・CADPAC・KeyCREATOR・Autocad・Inventor・

【ローエンド】
頭脳シリーズ・EasyDraw・Bricscad・







TOPへ戻る

HTML 生活向上委員会

より豊かな情報サイト















































'e_e' 生活向上委員会











より豊かな情報サイト