ようこそ…HEADLINE

 CAD生活 向上委員会

 お金は、余っても困らない…
コツコツ内職資料室 (別窓
準備しました。
   DWG互換 Bricscad V13 資料サイト
 CADPAC標準化計画 推進中    

ここでは、CAD生活について…道具と知識


  CADは、道具(ツール)、…
私は、長いことCADPAC に携わってきました、途中で3D時代に突入して離れました。ツールの進化は、2D から 3D の時代に変化しました。

  CAD生活向上 目次は、下記です。
CADとは… 道具と知識 3D-CAD データ管理 設定 レベル UP…
  3Dが全て? では無い。結局2Dの図面は無くならない…

  道具は、役に立つもの・作業をする上で必要なもの …です。
道具の選択、?

  設計支援ツールの選び方 →
  日本が高度成長の頃、コンピュターが MS-DOSから進化、Win95となり、製図の時代が一変する。ただこのとき、グローバル企業からAutocad の声があがり浸透するまで時間がかからなかったのには、秘密がある。Autocad LT の存在なのです。 当時学生に支援したり、違法コピーを容認する手法をとったのです。私も友人から分けてもらった。
確かに今となっては、標準CADとなったが、進化の過程で疑問に思うことも多いのは、否めない。 私の業種は、機械設計なのです。 この業種には、向いたCADではないと思っています。 スケッチの体制・描画手順が、向いていないと思ったのです。 元々建築CAD向けのCADだったからかもしれません。
 .現場サイドがCADを選ぶことが出来ない。江戸時代から受け継がれた封建制度の会社組織では、トップがCADを決める。 横の関係からでは、我が社も… 建築関係から始まった製図の規格も手伝ってか日本では、いや世界で700万とも言われるユーザーをもつCADの王者となったのです。
今では、CADなしに…と言うわけにも行きません。当時は、さまざまな業種でCADメーカーの選択し、企業にとってシステム化を促進した時代でした。CADPACは、Autocad互換ラインを追いかけて、進化して来ました。


メーカー分類方式…

 やがて、2D から 3D の時代に突入しました。2000年 私が最初に出会ったのは、Pro/e unixで動いていました。そこで知ったのがメーカー方式です。
2Dでは、中間フォーマット DXFでデータの受け渡しが主流です。3Dになるとその中間フォーマットが邪魔をします。どうしてもエラー処理に時間がかかります。iges・stepと呼ばれる中間ファイルです。当時車関係の仕事をしていました。
・TOYOTA~CATIA・トヨタケーラム
・NISSAN~i-deas NX → UG
・HONDA~CATIA
・MATUDA~i-deas
・メルセデス~CATIA
・BMW~CATIA
 データは、同一CADが望ましい。 但し、同時はCATIA4 から 5 に進化した時代で、CADデータの精度・規格がまちまちだったと言う記憶がある。精度の単位が合っていないと誤差は、大きくなる。現在も、親会社に合わせてという流れには変わりない。

CADの知識 (中間フォーマット)

 CADには、中間フォーマットが存在する。それぞれそのVerがあり、DXFでは、R9~2012迄存在する。 3Dデータは、STEPが一般的になりました。
・CADPACのデータインアウト
   
左がイン(入力)・右がアウト(出力)
 CADPACのデータ互換は、早くからいち早く各メーカーに対応して来ました。その精度は、隠れた存在でMCADに関しては、かなりの精度で当時から大いに助けられました。独自フォーマットstation・DAフォーマット
このようにCADの導入には、特有のシステムを理解する必要があります。

操作と用語

 CADの進化とともに用語も増えてきました。サーフェース・ソリッド・ポリライン・カーディナル曲線、B-スプライン、NURBS、ベジエ曲線など2D自体には無かった用語も増えています。 メーカーの違いでも生じます。…
 
CADは、時間との闘い…

 マウスを操ってコマンドを打って…どこからどこまで… 設計は、考えること。出来ないことへの挑戦でもあります。 仮想空間の中で、ここはこうだからと、線を書いてゆく。線と線は、外形となりやがて面を構成して立体に変化する。 3Dは、立体にする課程が異なる。元々は、無から始まり、コマンドの集大成として立体が形成されてゆく。CADは、このムーブとクリックで操作性が決まると思っています。 全世界で有名なACAD から比べるとCADPACは、設定・操作・描画速度・インターフェースも優れている。何よりもスケッチする手順が、設計本来の手順で描くことが出来るCADなのです。
金額的には、高価だがその実力は、あまり知られていない。 どのCADでも同じでは無い。思考ツールとしての感覚を備わった機能を比較すると、膨大な時間を無駄にしていると思う。 手順は、少ない方がいい。 CADPAC ユーザーは、時間と戦いさらに工夫して
快適さを目指す。出力の細かな設定を用紙ごとに保存する。 その国で生まれた文化から文字と同じように、他国のCADには無いものがそこにあると思う。時は、金なり…時間と手間を惜しんで工夫する。 CADで大切なデータは、時間集積であり自分の資産だと思う。 より精度の高いデータで無ければ意味が無いが…

 次は、3D-CAD → 只今、編集中です!    …お帰りは、こちらから

まずは、最初の一歩… → 。 HP制作の手順は、読みました?
基礎講座 マナー メール 教養 デジタル 芸術  生活  リンク


バナースペース

■ 生活向上委員会
女性専用
つぶやき中
facebook
すてきな写真コレクト中
Blog ゼロから始めるBricscad

'e_e' 生活向上委員会

本サイトは、リンクフリーといたします。 管理人zajiが、編集責任を負います。 訂正要望は、連絡から、お願いします。

すてきな画像集めてます…

【ハイエンド】
CATIA・UG・I-DEAS・Pro/e・
【ミッドルレンジ】
Solidworks・CADPAC・KeyCREATOR・Autocad・Inventor・

【ローエンド】
頭脳シリーズ・EasyDraw・Bricscad・

CAD用語集







TOPへ戻る

HTML 生活向上委員会

より豊かな情報サイト























'e_e' 生活向上委員会











より豊かな情報サイト